20160716WEBカバー

きっかけは、小学校1年生のときに閉校した、本当に小さな田舎の小学校。
閉校になるからと貰った、一つのバスケットボール。
本当に小さなきっかけ、小さな出会いでした。

それでも自分の名前にKAZUがあるからとサッカーに、のめり込み。
そばに置いてあったバスケットボールは、ダムダムとドリブルするくらい。

中学生になり、友人がサッカー部には入れないとバスケ部へ。
そこで苦しみながらもバスケというスポーツに初めて正面から向き合いました。
本当に下手すぎて…しょうがありませんでした。
そんな僕に父親は手作りのゴールを作ってくれました。
デコボコの地面に苦しみながらも毎日シュートを打ち続けました。

プレースタイルはただひたすらにボールを追い、諦めず、チームを盛り上げること。
家ではNBAを見ることができ、往年のスーパースターを追いかけ続けました。
大好きだったのは、ゲイリー・ペイトンとジョン・ストックトン。

中学を卒業してプレーヤーとして、諦め…
少しバスケットボールを見たり、レフェリーしたり、コーチングくらいで、熱は少し冷めていました。

また今、十数年ぶりにバスケットボールに出会うことが再びできました。
ずっと待ってくれていました、バスケットボールは。

 

今、日本のバスケットボール界は本当に変わらなくてはいけない時に来ています。
十数年前より、環境も状況も素晴らしく良くなっていると思います。
2020年、東京という地でオリンピックが開催されることも決定しました。
世界で一番プレーされ、愛されているスポーツ。
それがバスケットボールなのです。

しかしながら、日本ではまだまだなスポーツであるのが現実です。
でも、この5年間。
たくさんの素晴らしいバスケットボールファミリーの方々に出会うことができ、ご縁をいただき…
バスケットボールは絶対に、この日本で大きなウェーブを起こすことができると確信しています。

 

BOOSTには、前進させるという意味があります。
バスケットボールというゲームを通じて、このメディアを通じて、バスケットボールが日本で前進する一つのファクターになれたらと感じております。

そして、ファンの方々・関係者の方々。
バスケットボールファミリー全体で、日本にバスケあり!
そういう毎日になったらということを願い、この BOOST the GAME をスタートして頂きたいと思っております。

私自身は若輩者で、さらには昔からずっとバスケを愛し続けている方に比べると、まだまだです。

あの小学生の時に手にしたボール、中学生のときに父親が作ってくれたゴール。
自分がバスケットボールに出会った原点。
その時の思いを再び今、抱いております。

自分のプレースタイルは、ただひたすらにボールを追い、諦めず、チームを盛り上げること。
このスタイルだけは絶対に崩さずに行きます。
プレーはしませんが、その気持ちで皆様にバスケットボールの様々なシーンをお届けできればと感じている所存です。

 

バスケットボールファミリーの皆様。
今後ともご指導・ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。
そして、BOOST the GAMEをよろしくお願いいたします。

 

2014.7.31
BOOST the GAME Chairman
Tomikazu Narukami

 

■広告出稿・メディア連携及び業務委託等の各種お問い合わせ先
info[at]boost-the-game.jp
※[at]を@に置き換えてください。


★Introduce

BOOST the GAME Chairman
Tomikazu Narukami (なるかみ とみかず)

1981年、北海道生まれ。中学生の時にバスケットボールに出会い、19歳まで北海道で過ごす。
当時からゲイリー・ペイトンやジョン・ストックトンに憧れ、バスケで飯を食べたい!という気持ちがあったが、心技体が全く伴わず断念。
2001年4月、鳥取環境大学環境情報学部環境政策学科入学。
卒業後、2005年4月に株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド入社、2008年退社。
2009年にe-まちタウン株式会社、子育て事業・介護求人サイト・社長秘書など様々な事業を担当し、株式会社日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)との合弁会社立ち上げに従事。
その後、地域情報メディア・e-まちタウン内でbjリーグに関するコンテンツ企画を担当し、同時にメディアプレーヤーとしての活動を開始。
2013年4月からデジタルスコアブック・バスケパッド2を販売する、株式会社バスケプラスの営業からメディア運営等の業務に1年間担当。
2014年4月にBOOST the GAMEを立ち上げ、各種SNSをスタート。同年7月19日にオフィシャルサイトを立ち上げ、現在に至る。
当メディアの他にも、個人名としても各種バスケットボールメディアにて活動を行っている。
現在、平日は制作会社のプロデューサーとして働きながら、日本バスケのリアルを追いかける為、日々奔走中。


★ポートフォリオ

<TV Program>
■2014/7
BS12
3×3 STYLEの番組監修
■2015/8
J-COM さいたまエリア
ブロンコスBEAT!!!への番組出演
■2016/10~2017/03
スポナビライブ
スポナビライブニュース B.league解説担当
■2017/04~
スポナビライブ
ぶちまけ!スポーツトークライブ コメンテーター&キャスト
■2017/04/27
NHKFM 横浜放送局
「横浜サウンド☆クルーズ」 ゲスト出演

<Magazine>
■2015/8
バスケットボールスピリッツ Vol.6
TURKISH AIRLINES bj-league 2014-2015 FINALS 〜 感動的なファイナルズ、キーワードは「3」
■2015/10
ABOVE MAGAZINE ISSUE 06
TKbj league 全チーム名鑑
■2016/1
bjリーグ
BUZZER BEATER 日本プロバスケットボール「bjリーグ」11年の軌跡
■2016/3
バスケットボールスピリッツ vol.8
TURKISH AIRLINES bj-league ALL STAR in 仙台 “忘れない、忘れることのできない2日間”興奮と感動のラスト・オールスター
■2016/5
ABOVE MAGAZINE ISSUE 08
3 ALL STAR GAMES TKbjリーグオールスターレポート
■2016/9
hangtime Issue001
Team Preview B.LEAGUE B1&B2クラブ紹介
■2016/12
hangtime Issue002
B.LEAGUE 2016-17 REVIEW(前半戦) B1東地区&B2
■2016/12
hangtime Issue003
B.LEAGUE 2016-17 REVIEW(中盤戦) B1中地区&B2
B2西地区Special issue ~熾烈なる昇格争い~

<WEB Media>
■2015-9
Sportsnavi
粘りの秋田と緻密さの浜松・東三河 DREAMGAMESに臨むbjリーグ勢■2015-9
バスケットボールスピリッツ WEB
【ハヤブサジャパン】女子日本代表、2人の道産子がリオへ行くための大きなカギになる。
■2015-12
バスケットボールスピリッツ WEB (写真提供)
【TKbj-league】2016年、年明けはホームタウン・沖縄から 琉球ゴールデンキングス#31喜多川修平
■2016-4
バスケットボールスピリッツ WEB (写真提供)
【3×3】第2回3×3日本選手権 若手の成長でRBC東京がHOOPSを破り大会連覇!
■2017-04
hangtime WEB (写真提供)
キーワードは“インテンシブ”&“モメンタム” B1西地区の熾烈な2位争い

<Others>
■2016/1
bjリーグ
ターキッシュ エアラインズ bj リーグ オールスターゲーム in 仙台 オフィシャルプログラム
■2016/5
bjリーグ
ターキッシュ エアラインズ bjリーグ ファイナルズ オフィシャルプログラム
■2016/12
横浜ビー・コルセアーズ
2016/12/10(土)・11(日) 開催 【横浜ビー・コルセアーズ vs. シーホース三河】マッチデープログラム
■2017/2
横浜ビー・コルセアーズ
2017/2/4(土)・5(日) 開催 【横浜ビー・コルセアーズ vs. 千葉ジェッツ】マッチデープログラム