チャンピオンシップを掴んだものだけに与えられる称号 〜 浜松・東三河フェニックス チャンピオンリング贈呈式(1)

Pocket

DSC_0008

残り3.4秒のドラマ。
劇的な幕切れでチャンピオンシップを獲得した、浜松・東三河フェニックス。
4シーズンぶり3度目のチャンピオンシップを獲得し、ついに迎えたラストシーズンで史上最多の4度目の栄冠を掴む為のチャレンジが始まった。

“Back to Back”

どのスポーツでも連覇というのは本当に難しいものである。
追いかけられる立場になった、浜松・東三河フェニックス。

2015.10.3
愛知県豊橋市・豊橋市総合体育館で行われた、2015-2016シーズン開幕戦。

チャンピオンシップを獲得したものだけに与えられるリング、それがチャンピオンリング。
ホームのブースターの前で、ゲーム前にチャンピオンリング贈呈式が行われた。

河内 敏光bjリーグコミッショナーも会場に来場。
浜松・東三河フェニックスを運営する、株式会社フェニックスの浜武 恭生代表取締役社長にリングを贈呈。
その後、浜武社長からコーチングスタッフとプレーヤーに一人一人リングが渡されたのであった。

ゲーム前に味わう歓喜の瞬間。
その瞬間をPhotoでお届けしていきたい。

DSC_0025

DSC_0043

DSC_0046

DSC_0047

DSC_0060

DSC_0061

DSC_0068

DSC_0073

DSC_0080

DSC_0092

DSC_0099

DSC_0108

DSC_0116

DSC_0127

—————
次のページに進む

Pocket

,