NBAシーズンMVPを獲得し、チャンピオンに導いたスーパースターが日本にやってくる!〜 UA Roadshow featuring Stephen Curry

Pocket

ステファン・カリー選手【高画質】

Stephen Curry

世界最高峰のバスケットボールリーグ “NBA”
その最高峰リーグの2014-2015シーズンに、ゴールデンステイト・ウォリアーズをチャンピオンシップに導き、自身もレギュラーシーズンMVPを獲得。
チームメイトである、クレイ・トンプソンとのコンビは”スプラッシュ・ブラザーズ”と呼ばれ、ゲーム中には数々のゲームを決めるクラッチシュートをリングに沈め、チームを勝利に導いたスーパースターが日本に初上陸する。

2015年9月4日(金)

“UA Roadshow featuring Stephen Curry”

アンダーアーマー契約選手であるステファン・カリーが、日本の地に、明日初めて登場するのである。
今回の来日は、若き、才能溢れるアジアの選手・ファンとの交流を目的とした、アジアツアーの一環。
東京、フィリピンのマニラ、中国の北京・重慶・上海を訪れる、ツアーとなっている。

彼自身、来日前のリリースでこう語っている。
「アンダーアーマーと共に、僕がバスケに懸ける思いや姿勢を伝えて選手の今後の試合に良い影響を与えたい。」
「中国やフィリピンはバスケ文化が根強いと聞いているし、日本も人気が急上昇しているとか。僕にとっても忘れられない経験となるし、世界一のバスケファンのみんなのためにわくわくする内容を計画しているよ。」

アンダーアーマーの日本総代理店を務め、強力なパートナーシップを結んでいる、株式会社ドームが先日発表した、このビッグイベント。
なんと”BOOST the GAME”に、Invitationが届いたのである。
本当にサプライズな事で、光栄なことでしかない。
日本のバスケットボールファミリーに、スーパースター来日の”リアル”を必ずお届けすることを、ここに約束したいと思う。

———————-
■ステファン・カリー (Stephen Curry)

NBA史上最高の3Pシューター
2014-2015シーズン NBAチャンピオン/レギュラーシーズンMVP

<トピックス>
・NBAゴールデンステート・ウォリアーズのスター選手
・2014-15シーズン、NBAで初のMVPに輝くとともに、チームを40年ぶりの王座に導く
・シーズン3ポイントシュート成功数のNBA記録を保持(286本)
・2015年オールスターゲームのファン投票では、全選手中最多の151万票を集める
・2020年東京五輪で、バスケットボール米国代表として来日する可能性がある
(米国代表として2010年、2014年世界選手権金メダル)
・2014-15シーズン後は、レプリカジャージの売上枚数が、レブロン・ジェームズを抜いてNBAトップに

<トリビア>
・父デル氏も元NBA選手
・背番号「30」は父親が付けていたのと同じ番号
・弟セスも15年7月にNBAサクラメント・キングスと契約
・妻アイシャさんとの間に2人の女児がいる。次女は2015年7月に誕生したばかり
・好きな言葉は、”I can do all things(何でもできる)”
・ゴルフはなかなかの腕前(ハンディ2)

■プロフィール
ステファン・カリー (Stephen Curry)

所属:ゴールデンステート・ウォリアーズ
ポジション:PG/SG
背番号:30
身長:191cm(6ft 3in)
体重:84kg(185lb)
年齢:27

<キャリアハイライト/受賞歴>
選手経歴:2009年~ ゴールデンステート・ウォリアーズ
受賞歴:
・NBAチャンピオン(2015年)
・MVP(2015年)
・NBAオールスターゲーム出場(2014年、2015年)
・フリースロー成功率1位(2011年、2015年)
・オールNBA1stチーム(2015年)
・オールNBA2ndチーム(2014年)
・NBAスリーポイント・シュートアウトコンテスト優勝(2015年)
・NBAスキルチャレンジ優勝(2011年)
・NBAオールルーキー 1stチーム(2010年)
・NBAスポーツマンシップ賞(2011年)
代表歴:アメリカ代表 2010~
獲得メダル:世界選手権 金メダル (2010年トルコ、2014年スペイン)

<プロフィール>
1988年3月、米国オハイオ州アクロン生まれ。
父デル氏がNBAの選手、母ソーニャさんは元バレーボール選手という恵まれた環境の下、シャーロット・クリスチャン高校時代から選手として頭角を現す。
デビッドソン大学3年終了後の2009年、NBAのゴールデンステート・ウォリアーズから1巡目(全体7位)で指名を受けて入団。3ポイントシュートの名手として知られ、14-15シーズンは286本を決め、自身が12-13シーズンに樹立したNBA記録の272本を大幅に更新。15年のオールスターゲームでは、ファン投票で全選手中最多となる151万票余りを集めた。14-15シーズンは縦横無尽の活躍で初のMVPに輝き、チームを40年ぶりのNBA王座に導いた。
米国ナショナルチームでは、2007年のU-19世界選手権で銀メダル、10年の世界選手権で金メダルを獲得した。
身長191センチ、体重84キロ。27歳。

———————-
■UNDER ARMOUR (アンダーアーマー)
image

「アスリートを進化させる」ことをミッションに掲げる“パフォーマンスアスレチックブランド“。
近年急速に普及した身体にフィット(密着)するアスリートのためのウェアの発祥ブランドであり、汗を素早く吸収、発散し、身体を常にドライで快適に保つウェアなど、アスリートのパフォーマンスを最大限に引き出す商品開発に取り組んでいます。
米国本社での売上高は2010 年10 億ドル突破、2014 年30 億ドル突破と伸び続け、時価総額は150 億ドルを突破。1996 年の創業以来、驚異的な成長を続けています。

日本においても、読売ジャイアンツ(プロ野球)、大宮アルディージャ(サッカー・Jリーグ)、琉球ゴールデンキングス(バスケットボール)、パナソニック ワイルドナイツ(ラグビー)のユニホ
ームサプライヤーとなっているほか、阿部慎之助選手(読売ジャイアンツ)、糸井嘉男選手(オリックス・バファローズ)、宇津木瑠美選手(サッカー・日本代表)、プロボクサー兼モデルの高野人母美選手ら多くのトップアスリートのパフォーマンスを支えています。

———————-
■株式会社ドーム
ドームロゴ

1996年創業。
テーピングの取扱いからスタートし、現在はスポーツプロダクト(アンダーアーマー)やスポーツサプリメント(DNS)、パフォーマンスディレクション(ドームアスリートハウス)などの事業を展開しています。ドームは「社会価値の創造」という理念のもと、スポーツを通じた豊かな社会づくりに貢献できるよう努力しています。

———————-
UA Roadshow featuring Stephen Curry
UNDER ARMOUR
UNDER ARMOUR BASKETBALL
DOME CORPORATION

Pocket