2年連続の世界への挑戦! 〜 Red Bull King of the Rock 日本代表に”WORM”が再び決定!

Pocket

2014年の真夏。
鵠沼海浜公園スケートパークにて「SHONAN OPEN 2014」で開催された、バスケ1on1の世界No.1を決める大会の日本代表決定戦、Red Bull King of the Rock Japan Final。
“有言実行”で日本代表となり、世界と戦った”WORM”こと、落合 知也。

■その時のレポートはこちらから。
「有言実行」WORMが1on1日本代表に!
「1on1の日本代表」落合知也 a.k.a. WORM

そして、やってきた2015年夏。
1on1バスケットボールのNo.1決定戦「Red Bull King of the Rock」の日本予選が 2015 年は開催されないことが決定。
プレーヤーからも、ファンからも、あの興奮を再び味わいたいという声が多く発せられ、SNSなどで開催されないことを惜しむ声を何度も見た。
そこで立ち上がったのが、日本バスケットボール界のレジェンドの一人と言っていい、”MC MAMUSHI”であった。

彼の思いがここに綴られております。

そして、新しく1on1バスケのNo.1決定戦として生まれたのが…

“LOSERS GO HOME”

直訳したら、「敗者は家に帰れ!」
このコンペティションのタイトルを聞いただけでシリアスである事は間違いない。
そしてこの大会でNo.1になったものだけが、8月29日(土)にトルコ・イスタンブールで行われる「Red Bull King of the Rock World Final」への出場権を得る事ができるのであった。

実はそのコンペティション、8月8日(土)に神奈川県立大楠高等学校体育館で開催されたのであった。
事前エントリー制で、定員64名。
Red Bull King of the Rockと同じフォーマットの大会として開催された。
更に会場は無観客という、真夏に行われる、強いものだけが残るというシリアスなトーナメント。
心技体の全てがタフでないと、戦えない過酷な1dayとなったのである。

昨年の Red Bull King of the Rock Japan Finalで活躍した参加者の多くがベスト16やベスト8で敗退していく中、昨年の日本チャンピオン”WORM”は終始落ち着いた試合運びで順当に勝ち進んで行ったのである。
昨年、日本代表として世界と戦った自信と経験もあってか”WORM”は終始集中を切らさず、クレバーで落ち着いた戦い方に徹すると、決勝戦の相手は日本のストリートボールシーンを代表する選手であり、3×3日本代表でもある”K-TA(ケータ)”との対戦となった。
序盤は”K-TAが先手を取るも、すぐさま”WORM”が決め返すと、その後は”K-TA”をうまく抑え込みながら”WORM”が徐々にポイントを加算。
終わってみれば、8-2というスコアで”WORM”が圧勝という結果になったのである。
IMGS8395

世界への挑戦権を賭けて繰り広げられた戦いは、参加者の中で唯一世界を知る”WORM”が全ての対戦で相手を圧倒して、2年連続のWORLD FINALへの切符を掴んだ。

トルコ・イスタンブールへの切符を掴み、昨年のWORLD FINALでのリベンジのチャンスを掴んだ彼は、日本代表に輝いた後に、こうオフィシャルコメントを残している。

「昨年は1回戦で負けてしまい、とても悔しい想いをしました。この1年間、世界との戦いを常にイメージしながら戦ってきたので今年は相手が誰であろうと初戦は勝ち抜いて最低でもベスト8を目指します」

「1on1の日本代表」に2年連続で輝いた”WORM”
昨年掲げていた目標である、最低でもベスト8進出。
更にその上にある、世界No.1という称号に向けて。
世界の大舞台で思う存分、サムライ魂を見せて、世界を驚かせてほしい。

日本人でもやれるんだ!!!
BITE for THE WORLD!!!
IMGS8469

<実施概要>
■名称:LOSERS GO HOME
■内容:1on1バスケットボール No.1 決定戦
■日程:8月8日(土)
13:00 参加者へのブリーフィング、アップタイム
13:20 トーナメントスタート
17:30 Losers Go Home 終了
■会場:神奈川県立大楠高等学校 体育館(神奈川県横須賀市荻野14−1)
■出場者:LOSERS GO HOME 登録者 64名
■特典:優勝者は日本代表として、Red Bull King of the Rock World Finalに出場
■主なルール
・1試合5分間のランニングタイマー
・5ファウル/テクニカルファウル=失格
・得点はスタンダードな2点、3点形式
■主催:Losers Go Home 実行委員会
■協賛:レッドブル・ジャパン株式会社、TACHIKARA

<Red Bull King of the Rock>
Red Bull King of the Rock(レッドブル・キング・オブ・ザ・ロック)とは、2010年に初めてアルカトラズ島で開催した、1on1バスケットボールのNo.1プレイヤーを決める大会。
翌年2011年にはWorld Finalとして、13か国のトッププレイヤー64名がアルカトラズ島に集結、2012年にはさらに規模が大きくなり、25か国から選び抜かれた64名の選手が集結しました。
このWorld Finalには、NBAでも活躍する選手と同じ出身国の代表として参加している選手もおり、2013年から、日本人も参加しています。
2013年はM21(ミツイ/三井秀機、東京都在住・福岡県出身)、2014年はWORM(ワーム/落合知也、東京都出身)が日本代表として World Finalに出場。
IMGS8439

■名前:WORM(ワーム)
■本名:落合 知也(オチアイトモヤ)
190cm / 80kg / パワーフォワード
■出身:東京都/28歳
■経歴
Losers Go Home優勝
(※日本代表として Red Bull King of the Rock World Final 2015に参加予定)
Red Bull King of the Rock World Final 2014 ベスト 16
Red Bull King of the Rock Japan Final 2014 優勝
Red Bull King of the Rock Japan Final 2013 準優勝
2013-14シーズン NBDL大塚商会アルファーズ所属
2014年 3X3男子日本代表チーム選手に選出
同年に創設された国内リーグ、3x3PREMIRE.EXEにGREEDYDOG.EXEのメンバーとして出場。
3x3TOURNAMENT.EXE名古屋大会で優勝し、8月に出場した FIBA3x3ワールドツアーマスターズ北京大会で3位。
■備考: 大学バスケットボールのトップディビジョンでリバウンド王を戴冠するなど国内最高峰のインサイド技術を持ちながら、トップリーグからの誘いには目もくれず、そのプレイグラウンドにストリートを選んだ異端児。
2015年、3×3の個人ランキングアジアトップ(世界33位)※2015年8月6日時点
IMGS8455

—————
Red Bull Japan Basketball
TACHIKARA
MC MAMUSHI

Pocket