The greatest memory of ARIAKE. The impressive scene. 〜 ターキッシュ エアラインズ bjリーグ FINALS 2015

Pocket

“ターキッシュ エアラインズ bjリーグ FINALS 2015”

世界のゴール下より…

世界のゴール下より…

記念すべきリーグ創設10年目のラストダンス。
聖地・有明コロシアムは、やはり最後は”full house”だった。
人の熱、人の魂、人の想い…全てが絡み合って、今年の聖地も真夏のような雰囲気だった。あの興奮から2週間あまり、今でも思い出すと高ぶる感情と想い。22チーム中、4チームだけが受け取ることができた、聖地への片道切符。
前日会見からスタートした、合計72時間に聖地で起こった、全部のドラマを今回から余すところなくお届けしていきたい。今回は総集編。
3日間での名場面を写真を中心に振り返っていこうと思う。

2015-05-22 13.25.46

真夏を思わせる陽気となった、聖地・有明コロシアム。

2015.5.22

バスケの神様は快晴という天気を与えてくれたのであった。
勝負の前の日の静けさというよりも、明日からの決戦に向かって、聖地は数多くの人が動き回わり、全てのブースターに最高のおもてなしを実現させるため、会場内を奔走していた。
同時に片道切符を掴んだ、4チームが前日練習のため、時間に合わせてやってくる。
そして、コート上では前日会見が盛大に行われた。

bjリーグ・河内 敏光コミッショナー

bjリーグ・河内 敏光コミッショナー

出場する4チームのHC、非常にいつもと変わらない様子で登場し、緊張を見せるそぶりはなかった。
決戦を前に会場の雰囲気を確かめながら、落ち着いた様子を見せていた。

4チームのHC共に、お互いに手の内を知りながらも、自分たちのバスケットを遂行することに集中している。そんな感じだった。

4チームのHC共に、お互いに手の内を知りながらも、自分たちのバスケットを遂行することに集中している。そんな感じだった。

2015.5.23

ついに始まったラストダンスという、ドラマの最終回の始まり。
日本のバスケットボールが様々な部分で注目を集めていたのもあったのか、非常に聖地はいつも以上に盛り上がりを見せている様子だった。

これの風景を見ると、本当に始まるだという気分になった。

これの風景を見ると、本当に始まるだという気分になった。

聖地・有明コロシアムへの片道切符を掴んだのは、この4チーム。

聖地・有明コロシアムへの片道切符を掴んだのは、この4チーム。

そして、ついに1つしかないチャンピオンシップを掛けた戦いが始まったのである。
チーム創設7年目にして悲願の聖地のコートに足を踏み入れた滋賀レイクスターズと、4シーズンぶりにやってきた最多タイ3度目のチャンピオンシップを掴み取りたい浜松・東三河フェニックスのウエスタンカンファレンスファイナルからスタートした。

浜松・東三河フェニックス #22モー・チャーローがブースターに、さぁ戦おうぜ!と言わんばかりに煽る。

浜松・東三河フェニックス #22モー・チャーローがブースターに、さぁ戦おうぜ!と言わんばかりに煽る。

戦いは序盤から激しい攻防、負けたくないという気持ちから一進一退の攻防が続いた。
まさしく我慢の展開、両チームともに集中力が高く、緊迫したゲーム展開となっていく。

FINALを掛けた、運命の戦いの始まり。

FINALを掛けた、運命の戦いの始まり。

プロバスケプレーヤーとしてのラストダンスを迎えることを発表した彼の姿もコート上にあった。

聖地・有明コロシアムでのプレーを最後に引退を表明していた、滋賀レイクスターズ #5小川 伸也。

聖地・有明コロシアムでのプレーを最後に引退を表明していた、滋賀レイクスターズ #5小川 伸也。

滋賀レイクスターズ #14テレンス・ウッドベリーのレイアップ。

滋賀レイクスターズ #14テレンス・ウッドベリーのレイアップ。

昨シーズンの千曲での涙を乗り越え、この舞台に帰ってきた。滋賀レイクスターズ #4ジェフリー・パーマー。

昨シーズンの千曲での涙を乗り越え、この舞台に帰ってきた。滋賀レイクスターズ #4ジェフリー・パーマー。

日本人屈指のピュアスコアラー。滋賀レイクスターズ #1岡田 優の3P。

日本人屈指のピュアスコアラー。滋賀レイクスターズ #1岡田 優の3P。

後半も一進一退の攻防が続き、時間だけがジリジリと過ぎていく。
最終4Qの残り1分まで、どうなるのか?分からない展開が続いた。
決め手となったのは、2人の日本人プレーヤーだった。
最終的には82-77で浜松・東三河フェニックスがFINALへコマを進める。

はやり彼が勝負どころを〆た感じは非常に大きかった。決定的な3Pを沈めた、浜松・東三河フェニックス #3大口 真洋。

はやり彼が勝負どころを〆た感じは非常に大きかった。決定的な3Pを沈めた、浜松・東三河フェニックス #3大口 真洋。

東野HCに言わせた、男気溢れるキャプテン。浜松・東三河フェニックス #1大石 慎之介。

東野HCに言わせた、男気溢れるキャプテン。浜松・東三河フェニックス #1大石 慎之介。

〆はスティールからのスラムダンク!残り22.1秒に生まれた、Big Play!

〆はスティールからのスラムダンク!残り22.1秒に生まれた、Big Play!

このゲームの最大のハイライト。決定的なスコアをスラムダンクで決め、ゲームは決まった。

このゲームの最大のハイライト。決定的なスコアをスラムダンクで決め、ゲームは決まった。

そして、あっという間に次のゲームがスタートする。
因縁の対決、そう言わざるを得ない。
昨シーズンの有明で味わった悔しさを持って乗り込んできた秋田ノーザンハピネッツ、王座奪取を掲げて3度目の正直にして有明に突撃してきた岩手ビッグブルズのイースタンカンファレンスファイナル。

あの若者は全く物怖じしていなかった、多くのブースターを見て、自分自身の気持ちを高めていた。岩手ビッグブルズ #34小野寺 翔太。

あの若者は全く物怖じしていなかった、多くのブースターを見て、自分自身の気持ちを高めていた。岩手ビッグブルズ #34小野寺 祥太。

因縁の対決は両チームの大歓声の中、スタートした。

因縁の対決は両チームの大歓声の中、スタートした。

前半は本当にオフェンスに硬さが見え、更にフィジカルな展開となり、ロースコアでゲームが進んでいった。
なかなか吹かれないコールに、通常の精神状態を保つのが難しい部分もあったが、コートに立っているプレーヤーたちは冷静だった。

秋田ノーザンハピネッツ #15リチャード・ロビー。彼はゲーム全体を支配していた。

秋田ノーザンハピネッツ #15リチャード・ロビー。彼はゲーム全体を支配していた。

前半、クレイジーピンクの大声援を背に、シュートを放つ。秋田ノーザンハピネッツ #41ルーベン・ボイキン。

前半、クレイジーピンクの大声援を背に、シュートを放つ。秋田ノーザンハピネッツ #41ルーベン・ボイキン。

昨シーズンのあの屈辱は、もう味わいたくない。そう思い続け、再び有明の負けられない戦いに臨んだ、秋田ノーザンハピネッツ #5田口 成浩。

昨シーズンのあの屈辱は、もう味わいたくない。そう思い続け、再び有明の負けられない戦いに臨んだ、秋田ノーザンハピネッツ #5田口 成浩。

フィジカルな展開は、時にこんな激しい瞬間が起こることもある。

秋田ノーザンハピネッツ #23ディショーン・スティーブンスのリングへのアタックの瞬間。

秋田ノーザンハピネッツ #23ディショーン・スティーブンスのリングへのアタックの瞬間。

そして、運命の後半。
日本人シューターが全ての流れを変えた。
3Q中盤に飛び出した、ハピネッツ「おいさー」と「王子」の連続3P。
決めた瞬間、全ての感情を爆発させ、コートを支配していく。
この3Qが全てを決めてしまった、84-68で秋田ノーザンハピネッツがリベンジの舞台へ帰ることが決定したのであった。

いつもは温和な感じだが、コートに上がると虎視眈々と獲物を捕らえるかのようにプレーをする。それが小野寺 祥太という男だ。

いつもは温和な感じだが、コートに上がると虎視眈々と獲物を捕らえるかのようにプレーをする。それが小野寺 祥太という男だ。

絶対的なエースとして、孤軍奮闘し、アタックをし続けた男。岩手ビッグブルズ #10スクーティー・ランダル。

絶対的なエースとして、孤軍奮闘し、アタックをし続けた男。岩手ビッグブルズ #10スクーティー・ランダル。

"Wayne Show" 有明でのしっかりショータイムは実現されたのであった。岩手ビッグブルズ #32ウェイン・アーノルド。

“Wayne Show” 有明でのしっかりショータイムは実現されたのであった。岩手ビッグブルズ #32ウェイン・アーノルド。

クールガイ。そして王子と呼ばれている彼が、感情を爆発させ、全てを表現した。秋田ノーザンハピネッツ #14大塚 裕土の3Pを沈めた後の瞬間。

クールガイ。そして王子と呼ばれている彼が、感情を爆発させ、全てを表現した。秋田ノーザンハピネッツ #14大塚 裕土の3Pを沈めた後の瞬間。

2015.5.24

全てが決まる”ラストダンス”という、ドラマの最終回がスタートした。
全ての者の気持ちをクールダウンさせるように、朝方は少し涼しかった。
しかし、聖地だけは違った。
もう太陽が地面に燦々と照りつけ、気温はぐんぐんと上昇していく。
そして、熱すぎるくらいの情熱が会場周辺を包み込み、会場前から汗ばむ陽気となった。

開場1時間前、既に長蛇の列。これには圧巻された。

開場1時間前、既に長蛇の列。これには圧巻された。

そして始まった、3位決定戦。
それと同時に”5″を付けた、小川 伸也という男のラストダンスを意味する。
前日悔しい思いをした滋賀レイクスターズと岩手ビッグブルズが有明で初勝利を目指し、戦うことになった。

有明での勝利だけを目指して、シーズン最後のゲームを戦った両チーム。

有明での勝利だけを目指して、シーズン最後のゲームを戦った両チーム。

そして、最後のゲームに臨む一人の男。滋賀レイクスターズ #5小川 伸也。

そして、最後のゲームに臨む一人の男。滋賀レイクスターズ #5小川 伸也。

絶対に負けたくない!その思いが詰まったゲームがスタートしていった。

絶対に負けたくない!その思いが詰まったゲームがスタートしていった。

序盤からゲームは大きく動いていった。
前日の悔しさを全てぶつけるかのように、躍動するレイクスに防戦一方となるブルズ。
難しいゲームを自分たちのバスケットを最初から出していこうという気迫がコートを覆い尽くしていったのであった。
最初の10分間で21点の点差が付くという展開に。

6回目の有明。そう有明は彼のホームコートなのであった。岩手ビッグブルズ #9仲西 淳。

6回目の有明。そう有明は彼のホームコートなのであった。岩手ビッグブルズ #9仲西 淳。

非常に泥臭く、チームに献身的にプレーをする非常に重要なプレーヤー、QOOちゃん。岩手ビッグブルズ #31アブドゥーラ・クウソー。

非常に泥臭く、チームに献身的にプレーをする非常に重要なプレーヤー、QOOちゃん。岩手ビッグブルズ #31アブドゥーラ・クウソー。

彼も昨シーズン、有明を逃した瞬間に大粒の涙を盛岡で流していた。岩手ビッグブルズ #21ローレンス・ブラックレッジ。

彼も昨シーズン、有明を逃した瞬間に大粒の涙を盛岡で流していた。岩手ビッグブルズ #21ローレンス・ブラックレッジ。

そして、点差が付いてしまった後半。
猛牛たちも意地を見せる、最後の20分間は素晴らしいバスケットだったと桶谷 大HCが言った。
その通り、ブルズが自分たちの本来のバスケットをコート上に披露し、ジリジリと点差を縮めていく。
まさしく最後の最後まで分からないというバスケットの面白さを見せてくれた。
非常に緊迫した展開が続いたが、これも運命なのか、最後は小川 伸也の手の中にボールが収まり、ブザーがアリーナに響き渡った。
82-75で滋賀レイクスターズが3位の座を手にしたのであった。

期待してアーリーエントリーで入団した、滋賀レイクスターズ #13小林 遥太。彼のバスケ人生にとって、今シーズンの経験は本当に素晴らしい財産になるであろう。

期待してアーリーエントリーで入団した、滋賀レイクスターズ #13小林 遥太。彼のバスケ人生にとって、今シーズンの経験は本当に素晴らしい財産になるであろう。

そして、彼も前日からいつもの姿に戻っていた。滋賀レイクスターズ、遠山 向人HC。この垂直跳びを有明で見られたのは、非常に嬉しかった。

そして、彼も前日からいつもの姿に戻っていた。滋賀レイクスターズ、遠山 向人HC。この垂直跳びを有明で見られたのは、非常に嬉しかった。

ラストダンスを演じ終わった、小川 伸也。この日はアウトサイドからスコアメイクをして、有終の美を飾ったのであった。

ラストダンスを演じ終わった、小川 伸也。この日はアウトサイドからスコアメイクをして、有終の美を飾ったのであった。

こんな珍しいシーンもサイドラインで見られた。
この美しいライン、気持ちが一つになった瞬間なのかもしれない。

3人とも同じ方向、同じ角度。一心同体という言葉が相応しいかもしれない。

3人とも同じ方向、同じ角度。一心同体という言葉が相応しいかもしれない。

そして、最後は彼の色々な表情をお届けしよう。
この場を借りて、一言伝えたい。
「ありがとう、そして本当にお疲れさまでした。」

チームメイトの素晴らしいプレーに声を上げる、小川 伸也。

チームメイトの素晴らしいプレーに声を上げる、小川 伸也。

ブザーがなる瞬間、運命かのように彼の手にボールが収まった。

ブザーがなる瞬間、運命かのように彼の手にボールが収まった。

そして、チームメイトに讃えられながらブースターに向かって一礼して、感謝の気持ちを伝えたのであった。

そして、チームメイトに讃えられながらブースターに向かって一礼して、感謝の気持ちを伝えたのであった。

ありがとう、そしてお疲れさま。

ありがとう、そしてお疲れさま。

そして、始まる。
ラスト40分間。

全ては、ひとつしかない頂点に立つために。
全ては、5月24日(日)聖地・有明コロシアムで紙吹雪を浴びるために。
全ては、チャンピオンシップトロフィーを高々と掲げるために。
全ては、最後にスポットライトを浴びるために。

そして、誰もが味わえない最高の気分を自分のものにするために。
“FINAL GAME”

The road ends here…

===================================
ターキッシュ エアラインズ bjリーグ OFFICIAL HP
浜松・東三河フェニックス
秋田ノーザンハピネッツ
滋賀レイクスターズ
岩手ビッグブルズ

<次回に続く>

Pocket

, , , ,