歓喜の男たちの声 〜 ターキッシュ エアラインズ bjリーグ 2014-2015シーズン PLAYOFFS “岩手ビッグブルズ VS 青森ワッツ” 2015/05/10

Pocket

Road to CHAMPIONSHIP!!!
全ては頂点のために。
ついに始まった、壮絶なる戦い。

“ターキッシュ エアラインズ bjリーグ 2014-2015シーズン PLAYOFFS”

ついに決まった、“岩手発⇒有明コロシアム行”という片道切符。

2015年5月10日(日)岩手県営体育館で行われた、イースタンカンファレンス カンファレンスセミファイナル。
岩手ビッグブルズ vs 青森ワッツ

GAME2の40分間は、ホームの大歓声を背に、岩手ビックブルズが悲願の有明コロシアム行きを決定した。

■ゲームレポートはこちらから。
日本人プレーヤーの躍動とゲームフォーカス
■HCインタビューはこちらから。
HC’S eye
■写真で綴る、サイドストーリー “THE FACE” はこちらから。
THE FACE

ここからはゲームを終えたばかり、そして悲願の有明コロシアム行きの片道切符を掴み獲った、岩手ビッグブルズのプレーヤー達の声をお伝えしよう。
ノーカットでお届けする、プレーヤー達の想いをお届けしていきたい。

#8 月野 雅人

DSC_1559

-やっと行けます。率直に今の気持ちを教えてください。
すごく嬉しいですし、やっとたどり着いたんで、あと二つしっかり勝ちたいです。

-今日は自分たちがやりたいバスケットを40分間体現したゲームでしたが。
そうですね、40分間やり続けたのが良かったですし。
また相手のミスだったりを誘えたので、やりたい事ができていたのかなと思いますけど。
でも、やっぱりまだまだ有明で勝つためには、あと少しの部分が勝敗を分けてくると思うので、そこをもう一回しっかり詰めて、あと二つ臨みたいと思います。

-プロになってから初の大舞台ですけど、どんな感覚ですか。
凄い楽しみですし、行ったら多少緊張も出るかもしれないけど、今はワクワクの方が大きいですし。
でもそこを想定して、有明の舞台を想定して、ずっとやってきたんでシーズン中。
とにかくもう勝つ事だけを考えてプレーしたいと思います。

#5 千葉 慎也

DSC_1797

-プロになって、初の大舞台ですけど。
素直に嬉しいです。
やっぱり4年間ここにいて、ずっと有明を逃していたので。
しっかりホームで勝って、有明へのチケットを手に入れたというのは凄い嬉しいですね。

-今日はチームのやりたいバスケットが100%体現されての勝利でしたが。
ホーム最終戦でこういう岩手のいい所を、全部ブースターの皆さんに見せれたというのは、やっぱり4年間やってきた事が無駄では無かったという事もありますし。
岩手のチームとして成長できているのかなと思いますね。

-どんな戦いを有明でしたいですか。
いつもの岩手のバスケットスタイル、走って、しっかりディフェンスして、勝ち切るという岩手らしいバスケットを展開して、優勝したいと思います。

#9 仲西 淳

DSC_1976

-帰るべき場所に、帰る感じですね。
俺のホームに帰るっていう感じで、今は有明を決めれてホッとしているというか。
やっぱり岩手に最初にサインをした時に、目標が優勝という全員が共通意識であり、共通目的だったので。
本当に有明に行くのが最低ラインじゃないですけど、そこに行かなかったら優勝はないので。
まずはその場に立てるというので、ホッとしていますよね。

-東京に凱旋帰国みたいな感じですよね。
みんなは有明、有明って特別な場所。
だけど俺にとっては、東京はホームだし。
自分のキャリアをスタートさせた場所でもあるので、自分にとってはホームコートだから。
またあの場所に立てるのが素直に嬉しいし。
今回で6回目なりますけど、本当に6回目の有明っていうのは自分自身誇りに思っていい部分だと思っているし、リーグの中でもそれだけの回数行っているというのはないと思うので。
それは自分で誇りに思う所なので。
でもチャンピオンシップを、リングを手に入れていないので。
そこは岩手で、10年目の節目として獲りたいなと思います。

-そのリングを獲得するために移籍しましたもんね。
やっぱり何だろうな、福岡を離れるというのは自分にとっては大変な、大きな決断で。
すごく色々な葛藤があって、その中で桶谷HCが声を掛けてくれて、優勝するために自分が必要だと言ってくれて、ここに来たので。
一歩一歩優勝に向かって近づいて、すごく充実シーズンでもあるし。
でも、最後はチャンピオンシップとリングを獲って、それで初めて充実したシーズンだったと言いたいので。
まだここで終わりじゃないので、2週間後の最大の舞台が待っているので。
すごく楽しみながら、最後は勝ちたいです。

#12 寒竹 隼人

DSC_2293

-有言実行、有明の舞台を掴み取りましたけど。
ホッとしました、本当に。
今日の形が僕らのスタイルなので。
でも、それを有明で力を発揮できたらいいなと。

-また大舞台に帰ってきましたけれども。
そうですね。
でも、まだカンファレンスファイナルを勝った事がないので。
それでも、このチームなら勝てると思うので。
僕らの攻撃的なスタイルを有明で、一発目でガツンと発揮できたらいいなと思います。

-もう経験しているから、楽しめそうですね。あの舞台を。
もう2回痛い思いしているし。
どういう心理状況で入ればいいかも、もう大丈夫そうなので。
経験者として、若手とかにも、こういう気持ちになるぞ!とか色々な事を伝えて、いい感じで臨めればいいなと思いますね。

#33 与那嶺 翼

DSC_0963

-やっと掴み取りましたけれども。
そうですね、いやもう2年ぶりに本当に有明で試合ができるというのが、嬉しいんですけど。
でも、ここからがスタートラインだと思っているので。
もう優勝するために、僕も岩手に来たので。
それを果たせるチャンスが巡ってきたので、またそのチャンスをモノにできるように、しっかり調整して頑張りたいなと思います。

-率直にホッとしていますか、スタートラインに立てた事は。
ん〜、ホッとしたというのが気持ちとして先にくるかなと思いますね。
やっぱり岩手の球団の皆さんもそうですし、ブースターの皆さんもそうですし、関係者の皆さんもそうだと思うんですけど。
3年間プレーオフで勝てていない、しかもこの県営で勝てていないという思いがあったので。
それをファーストラウンドで払拭して、それでもセカンドラウンドがあって、去年の秋田との戦いのイメージもあったと思いますんで。
その中でしっかり自分たちのバスケットを貫いて、勝てたというのは非常に大きな事だと思っていますし。
いやぁ、本当にホッとしたという気持ちです。

-今シーズンのプレーオフは波乱含みの流れになっていますが。
昨日に関していうと、うちら以外は全部アップセットで。
本当に正直、プレーオフってホームコートって、あんまりアドバンテージって無いんじゃないかなと思うんですよね。
やっぱりアウエーのチームなんて何と言うのか、本当に負けて元々じゃないんですけど、失うモノもないっていう感じで来るので。
お互いが同じレベルの中で試合をするわけですから、本当ちょっとした事で勝敗が分かれると思うんですよね。
そういった部分は有明でも同じ事が言えるので、とにかく勢いをどれだけ出せるか、最初にスタートダッシュを切って、それを保てるかというのが勝負だと思うので。
その勢いというのを出せられるように、しっかり準備をしていけたらなと思いますね。

-桶さんを胴上げさせて、ご自身も胴上げされたいですよね。
そうですね(笑)
僕はもう別にいいんですけど、僕はその時の雰囲気で(笑)
とにかく桶さんをね、胴上げさせたいというのが非常に強いので。
それがあっての自分もあるし、今あるのは桶さんがいたからこそですし、本当に成長させてもらっているので。
胴上げしたいなと思っていますね。

===================================
ターキッシュ エアラインズ bjリーグ OFFICIAL HP
ターキッシュ エアラインズ bjリーグ ファイナルズ 2015 Special HP

岩手ビッグブルズ OFFICIAL HP

Pocket