HC’S eye 〜 ターキッシュ エアラインズ bjリーグ 2014-2015シーズン PLAYOFFS “岩手ビッグブルズ VS 青森ワッツ” 2015/05/10

Pocket

Road to CHAMPIONSHIP!!!
全ては頂点のために。
ついに始まった、壮絶なる戦い。

“ターキッシュ エアラインズ bjリーグ 2014-2015シーズン PLAYOFFS”

ついに決まった、“岩手発⇒有明コロシアム行”という片道切符。

2015年5月10日(日)岩手県営体育館で行われた、イースタンカンファレンス カンファレンスセミファイナル。
岩手ビッグブルズ vs 青森ワッツ

GAME2の40分間は、ホームの大歓声を背に、岩手ビックブルズが悲願の有明コロシアム行きを決定した。

■ゲームレポートはこちらから。
日本人プレーヤーの躍動とゲームフォーカス

このゲーム後、両チームHCが語った全ての言葉。
余すところなく、ノーカットでお届けしていきたい。

■青森ワッツ:棟方 公寿HC

DSC_2601

-今日のゲームを振り返って
今日のゲームに関して負けるにしても、こんなに大敗してしまったゲームになってしまった事は自分の責任だと思っています。
昨日のゲームから振り返る事をさせなくてはいけなかったので。
ターンオーバーが多かったという事は、攻め気が少なかったとか。
シーズン後半からずっと言ってきましたけど、向かっていく気持ち、戦う姿勢というのは大事でメンタルの部分がかなり左右されるんだという事を痛感させられたゲームでした。
ただ最後はここで終わりましたけど、青森ワッツの選手たちは本当に成長したと思っています。
シーズン後半からプレーオフの仙台戦、岩手との一戦目、本当に粘り強くやれるチームに成長したんだなと思います。
そして、今日多くのブースターさんが必死に最後まで選手たちを応援してくれた事に凄く感謝しています。
岩手さんに関してはファイナルズでしっかり自分たちのバスケットを実行すれば、必ず勝てるチームだと思っているので、頑張ってもらいたいと思っています。

-今日の攻撃において、あまり攻め手がなかった感じを受けたが、相手のやりずらかった所は。
今日は本当に岩手さんの守備というのは、一人一人のプレッシャーきつくて、それに対してのターンオーバーが増えてしまった。
そのターンオーバーからファストブレイクに繋げれてしまった、我々としてはどうしようもないゲームパターンが増えてしまったので。
本当に岩手のいい所を全部出されてしまったという感じですね。

-相手の外国人に対しての守備に関して、今日は小島選手ではなく、外国人選手をマッチアップさせた形でしたが。
スクーティーはアウトサイドもあれば、ドライブもあるので。
身体を巧く使ってバスケットカウントを取りに来るシュートが上手なので。
他のチームの外国人とは違って、中も外も力強いし、得点もしっかり取れるという部分で、小島では荷が少し重いのかなとずっとシーズン考えながらやってきました。
でも、そこはずっとやってきた事なので変えませんでした。
途中で変えましたけど、やっぱり相手のスクーティー選手の能力は凄いなと思いますね。

-岩手から学ぶ事って、たくさんありましたか。
たくさんあります。
ディフェンスのプレッシャー掛ける所、リングに向かっていく気持ち、我々がプレッシャーを掛けていても常に1on1でアタックしてくる。
ストラテジーとかそういうものは余り変わらないと思っているが、向かってくるものに対しては向かっていくという姿勢は、凄いあるなと思います。
そこは我々はもっと学ばないといけない所だと思います。
あとはシュート力ですね、やはりほとんど落としていない感じに自分は見えました。

-今シーズン選手の成長を感じたということでしたが、若手に関して具体的にありますか。
レギュラーシーズンで言えば、下山 大地を使う場面が余り無かったんですけど、後半に使った時に凄くいいパフォーマンスを見せてくれたんですよね。
それが頭にあって、仙台とのプレーオフ一戦目に頭から使ってみようと。
自分にも勇気があって、本人にも自信があって。
それが仙台戦で上手く機能してくれて、ある意味、起爆剤から今度は安定した力を発揮してくれる選手になると思います。
経験が若い選手には、ものを言うと思っていますので。
こういう経験をどんどん積んで行けば、起爆剤じゃなくて安定した選手になっていくと思います。

-プレーオフを2シリーズ戦えたという事はチームにとっては大きかった。
そうですね、はい。
今日は後半、山口や大地にしてもそうですし、そういう所からリズムを作ろうと思っていたんですけど。
前半ずっと出ていなかったので、なかなかリズムを作れませんでしたね。

-シーズン終わったばかりですが、来シーズンに向けては。
来シーズンの事は全く考えていません。
はい、今終わったばかりなので。
ただ選手たちには、この悔しさを糧にしてくださいという事を伝えました。
今年もそうですけど、プレーオフに入る前に、去年の悔しさやレギュラーシーズンの悔しさを、ずっと自分は持ってきてやってきました。
また悔しい気持ちをまた一つ持って、選手たちには来シーズン繋げて欲しいと思います。
口だけではなくて、行動で示せる選手になってもらいたいと思っています。

-色々な事があった今シーズンでしたが、ワッツのシーズンを振り返ってもらえますか。
波があるチームだなと思います、一勝一敗が多くて、競って負けたり勝ったりとレギュラーシーズンで一つはいいゲームをして、もう一つは大敗している。
なので、2試合続ける体力もそうですし、気力もそうですし、メンタルがとても重要だと思いますね。

-そういう意味では今日の大敗というのは、同じ流れになった感じと思いますが。
今までの流れと同じですね、気持ちが切れてしまった部分が。
そういう部分はタイムアウトを早め早めに取って、気持ちの部分を言ってきたんですけど。
やはりそこは岩手さんの強い所ですね。
自分たちのリズムに戻す事ができる場面が一つも無かったですよね、今日は。
それは岩手が強いなと感じました。

■岩手ビッグブルズ:桶谷 大HC

DSC_2619

-今日のゲームを振り返って
今日は出だしから選手たちがゲームプラン通りのディフェンスをやってくれましたし、オフェンスでは前半ターンオーバーが続いて嫌な感じがしたんですけど。
後半はターンオーバーも無かったですし、ディフェンスもプラン通り、しっかりやってくれましたので。
100点満点に近いバスケットをしてくれたんじゃないかなと思います。

-オーバータイムに縺れ込んだ昨日から、今日ゲーム前に選手に掛けた言葉は。
もう基本的には自分たちが自分たちのゲームプランを遂行できてい無かったですし。
昨日は、もうこんな事やっているなというぐらいだったんですけど。
やるべき事の徹底というのをしっかり出来たんじゃないかなと思いますし、昨日と違って今日は選手たちが40分間中の38分を動き回ってくれていたので。
オフェンスでもしっかりフローというか流れが出来たんじゃないかなと思いますね。

-今日に向けて、どんな所を修正してゲームに臨んだんですか。
そうですね、相手の怖い部分のインサイドをかなり押し込まれていたので、インサイド押し込まれる前にがっちりとダブルチームに行って、ペイントエリアからボールを遠ざける事を徹底しました。
それが結構成功しました。
昨日の勝利というのは非常に大きくて、メンタル的に昨日僕たちが勝って、相手にプレッシャーを与えられた。
今日もやっぱりワイドオープンになってもシュートを打ちきれ無かったのが青森さんだったと思うので、本当に昨日の勝利は大きかったですね。

-そういう意味では波に乗って、有明に乗り込めると。
いや、そういう風に持って行きたいんですけど。
時間が空くんで、もう一度怪我人なく、いい準備して臨みたいなと思いますね。

-3度目の正直、そして有明にHC自身が帰るわけですが、正直な気持ちを聞かせてください。
いやぁ、本当に正直ホッとしていますね。
でも、本当に岩手さんが僕をここに呼んだ理由というのが優勝させるため、有明に連れて行くためだと思うんですね。
プレーオフに行ってもらう為ではないと思うんで。
やっと3年目にして、まだあと二つありますけど、自分の仕事をある程度できたというか。
やっと与えられた仕事を出来たかと思いますね(笑)

-日本人選手がしっかりアタックして、それぞれが持つべきものをしっかり発揮したと思いますが。
本当にそうだと思います、ディフェンスからね。
いやぁ、今日は本当に寒竹が良かったですよね。
数字以上に寒竹がむちゃむちゃ良くて、いつもの月野だったり、小野寺だったりが安定した力を発揮していますけど。
それ以上の力を彼が発揮してくれたので、1Qと3Qの日本人選手が3人の時に非常に弱かったんですけど、そこでイニシアティブを取れたと思いますね。

-そしてQOOちゃん(クウソー選手)が見えない部分でも非常に活躍して、影のMVPだと思っていますけど。
そうですね、やっぱりポールが2回ファールして、ファールトラブルになってベンチに下がってからですね。
クウソーのアタック、インサイドへのアタックが非常に切れていましたし、そこで簡単に点数が取れたというのは大きかったと思いますね。

-改めて有明に向けては。
自分たちのバスケットをしっかり有明でやりたいですね。
それにはメンタルの準備というのは非常に必要ですし、あと僕の仕事としては怪我人を出さないということだと思うので。
有明で僕が一番勝率がいいと思っているので。
そこの部分は、どうしたら勝てるかというのを選手たちに伝えて、一つではなく二つ勝ちたいと思います。

-最後に目標を聞かせてください。
もう、王座奪取です。

===================================
ターキッシュ エアラインズ bjリーグ OFFICIAL HP
ターキッシュ エアラインズ bjリーグ ファイナルズ 2015 Special HP

岩手ビッグブルズ OFFICIAL HP
青森ワッツ OFFICIAL HP

Pocket