HC’S eye 〜 ターキッシュ エアラインズ bjリーグ 2014-2015シーズン PLAYOFFS “岩手ビッグブルズ VS 青森ワッツ” 2015/05/09

Pocket

Road to CHAMPIONSHIP!!!
全ては頂点のために。
ついに始まった、壮絶なる戦い。

“ターキッシュ エアラインズ bjリーグ 2014-2015シーズン PLAYOFFS”

聖地・有明コロシアムまで、あと二つの勝利。
 “○○発⇒有明コロシアム行” という片道切符を掴むために。

2015年5月9日(土)岩手県営体育館で行われた、イースタンカンファレンス カンファレンスセミファイナル。
岩手ビッグブルズ vs 青森ワッツ

97-87のスコアでオーバータイムでの激戦を制したのは、ホームでもある岩手ビッグブルズであった。
お互いが持ち味を出し、息の詰まるゲームだった。

■ゲームレポートはこちらから。
オーバータイムでの激闘。そして、ファールトラブル。
■写真で綴る、サイドストーリー “THE FACE” はこちらから。
THE FACE

このゲーム後、両チームHCが語った全ての言葉。
こちらをお届けしていきたい。

■青森ワッツ:棟方 公寿HC
DSC_2061

-今日のゲームを振り返って
本当に強い強い岩手ビッグブルズと戦えて、最初から簡単に勝てる相手ではないと思っています。
その中で本当に1Qで離されそうになった、その時に選手たちは最後まで諦めないで粘り強く一生懸命デイフェンスに対しても、色々な所で我慢しながらも戦った。
先週の仙台での戦いと同じように、最後まで諦めないで延長にまで持ち込んだ。
最後はポールもカイルもいない中で、ぼくはその中でもまだまだ戦えると思ったんですけど。
そして、小島はディフェンスのプレーヤーなので、ウェインにしっかり付いていけると思って、延長で送り出した。
しかし、最初の月野の3Pは大きかったですね。
本当に勝負強いなと思いました。
そういう部分が岩手さんの強い所なんだと。
でも、我々もしっかり勝負ができて、明日に繋がるゲームができたと思います。
また明日も臆することなく、しっかりとプレーして、チャレンジャーとして戦っていきたいと思います。

-仙台戦からこのゲームに向けて、特別何か変えた部分とかありましたか。
一週間なんで、違うタイプのチームに対してと考えた時に、なかなか変われないんですね。
その中で先週の仙台さんも、今週の岩手さんもポイントはファストブレイクなので、そこに一週間集中して対策を練ってきたんですが。
でも、スクーティーとブラックレッジの1on1の強さは素晴らしいですね。
改めて、彼らの集中力の強さを、向かっていく気持ちを感じた。
我々も後半になってしっかり抑えられましたけど、前半は1on1に少し手古摺った部分があります。
ただ、先週の仙台さんとの戦いと同じように、ファストブレイクをどれだけ抑えられるか。
そして、ハーフコートバスケットに持ち込めれば、そんなにどのチームも変わらないと思っていた。

-今日調子の良かったカイル、そして小島と、この二人がシリーズのキーになると思うが。
小島はここずっと良かったので、信頼はしています。
カイルはレギュラーシーズンも含めてプレータイムが少ないのもあったんですよね、ポールが良すぎたので。
ポールがファールトラブルとかなった時に、バックアップとしてカイルがあそこまでやってくれると、明日本当に楽しみですね。

-ディフェンス面で相手の出足をうまくストップできたと思うが、評価は。
やはり前半に走られました。
そこをミーティングでも言いましたけど、走られてスコアされたのが10何点かあったと思うんですが、そこの部分を改善しないといけない。
それと自分たちのフリースローが前半入らなかったところが、前半の点差だったと思うので。
まずは対等にゲームを進めるためには、相手に走られないこと、フリースローをしっかり沈めることだと思っています。

-今日も高橋選手が非常に良かったですが、彼の評価は。
本当に高橋で持っている部分はあります。
彼とジーノの二人、岩手さんから移籍してきた選手がやっぱり勝ちたいという意思が強いんだな、それを結果で残している。
我々のチームに二人が勇気を与えてくれていますので、本当に心強いです。
コート上でも最後まで諦めない、選手たちを一人一人引っ張ってる姿が、ぼくは安心して見ていられます。

-明日に向けては
同じです。
1日でそんな変わらないですから。
一つ、みんな一つ、あと一本自分が3Pを入れれば、あと一本リバウンドを取れれば、それだけでいいんだと思うんですよ。
何か大きく変えられるかと言われたら、変えられないです。
一本ハリバックして速攻を抑える、その一本で相手の流れが切れて、ゲームが変わってきますから。
必ず一人の一本が、みんなに伝染していくと思うので。
そのくらいでプラスしてやるべきことが、そして最後まで必死に諦めないで粘り強く戦うだけです。

-4Qの驚異的な粘り、始まる前に何か特別指示を出したのか。
我々としてはアウトサイドよりも、お互いに疲れてきているので、ドライブに持ち込もうとしてくる。
ディフェンスでドライブに備えていると、アウトサイドが空いてくる。
タフなアウトサイドのあとに、しっかりリバウンドが取れて、我々のファストブレイクが持って行けたのは良かったので。
とにかくリバウンドだよ!ということを徹底的に言いました。
アウトサイドから苦しくても打ってくる、その時にリバウンドをどれだけ取れるのか、そしてセカンドチャンスを与えないことだということを伝えました。
そこでしっかりリバウンドを取れて、我々のファストブレイクにも繋がった。
一気に点差が縮んだり広がったりする時は、やはりファストブレイクなんですよ。
その部分が4Qに出たのかなと思っています。

-最後に
青森のブースターのみなさん、今日も本当に大勢で来てもらって、先週もそうですけど一緒に戦っている雰囲気が本当に嬉しかったです。
岩手さんの応援も凄かったですけど、青森のブースターも負けないくらいの声援が混じり合って、耳が痛いくらい響いて。
なんとかいい勝負しなくては!と選手たちは思ったと感じています。
本当にブースターさんに感謝しています。
この場を借りて、お礼を言いたいと思います。
ありがとうございました。

■岩手ビッグブルズ:桶谷 大HC
DSC_2072

-今日のゲームを振り返って
前半非常にいいディフェンスをして、相手のインサイドのシュート成功率も15.5%、オフェンスリバウンドも8本で悪くなかったんですよね。
いいゲームしていたんですけど。
後半ですね。後半にエクスキューションレベルが低くなって、ボックスアウトもできていなくて、簡単にリバウンド取られたり。
ターンオーバー、しょうもないターンオーバーが増えて、向こうにモメンタムを一気に持って行かれたりとかあったんで。
そういう所を40分間無くしてやらないと、折角自分たちの良いバスケットができていたのに、崩れて相手に持って行かれる。
明日もう一回40分間、自分たちのやるべき事を、毎ポゼッション・毎ポゼッションやらないといけないと思います。
ポールがファールトラブルになった時に、高橋選手の所からボールピックでクリエイトされていたので、あそこはもう一段階チームとしてアジャストして、明日に臨みたいなと思います。

-前半の展開から後半苦しくなった要因は。
もう今言った通り、しょうもないターンオーバーと相手にオフェンスリバウンドを取られすぎた所ですね。

-オーバータイム前の指示は。
もう一つですね、丁寧にやる事ですよね。
同点になって延長になったのは、しょうがないので。
それを悔やむよりも、次のファーストポゼッションが一番大事だという事を伝えました。
選手は分かっていたと思います。
あとは相手がファールアウトでインサイドの二人いなかったので、セルフィッシュにならずにしっかりチームバスケットをしなさい、ミスマッチを突きなさいと。
しっかりできたんじゃないかなと思います。

-最終的に今日の勝因は。
うちが走り続けた事だと思います。
やっぱり点数取られても、ちょっと相手に後半追い上げられた所は走れていなかったですよね。
しょうもないターンオーバーがあったり、3P打ってから相手に走られたりとかあったので。
走り続ける事ですね。
ジーノも足を釣っていたのが分かっていたし、相手はビッグマンが多いので走り続けてシュートを落とさせる事。
ポールも走らされたからこそ、フリースローが落としていたと思うので、走り続けたいと思います。

-4Qの追い上げられた部分に関しては。
ゾーンを相手にされて、アウトサイド一辺倒になって、それでもウェインのシュートだったので。
決まり始めれば、流れ変わると思ったので、我慢していましたね。
もう少し遊びがあってもいいかなと思いましたね。
インサイドに入れてディフェンス動かしたりとか、それが出来なかったので。
最終的に定位置からのリバウンドを取られて、アウトレットパスとか出しやすいし、ファストブレイクに繋げやすいし、相手は。
もう少しパスを回しながらアウトサイドを打ったりとか、遊びの部分を入れながら攻略したいなと思います。

-相手の追い上げに関しては、どう感じていましたか。
もう自分たちがやるべき事をやっていなかったので。
トランジションで一気にやられた感はありますし、クライバーのスティールもありましたし。

-途中いい所もあったが、今日は日本人選手のアタッキングが鳴りを潜めた感じでした。明日、これがキーになると思いますが。
寒竹は結構いい働きしていました、1Qと3Qでしっかり頑張ってもらわないと。
いいように日本人選手が得点に絡んで行かないとですね。
オーバータイムで月野がオープンでしっかりシュートを打ちに行ったり、ああいう所をやるべきですね。
誰がシュートを打っても、落ちるときは落ちるんで。
オープンでもらった時はしっかりシュートを打ちに行って欲しい、打たないとリズムが悪くなるんで。
チーム全員が常にアグレッシブにプレーして行かせたいなと思いますね。

-明日を前にブースターに伝えたいことは。
そうですね、あと一つで有明に行けるんで。
ぜひ、会場に足を運んで応援して欲しいなと思います。

-プレーオフのこういうゲームでクロスゲームを制することができた。
負けるよりも絶対に勝つことがいいですし、プレーオフは内容よりも勝つことが一番重要ですし。
今日はすごく勝ててよかった。
ただ明日負ければ意味がないので、もう一回気合い入れ直して、臨みたいと思います。

===================================
ターキッシュ エアラインズ bjリーグ OFFICIAL HP
ターキッシュ エアラインズ bjリーグ ファイナルズ 2015 Special HP

岩手ビッグブルズ OFFICIAL HP
青森ワッツ OFFICIAL HP

Pocket