速報!日本バスケットボール協会(JBA)事務総長候補者に大河 正明氏の推薦を内定!

Pocket

世界から閉ざされた、日本バスケットボール界。
その扉を開く為に、集められた任意部隊が”JAPAN 2024 TASKFORCE”

国際バスケットボール連盟(FIBA)から指摘されている大きな問題の一つ、公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)のガバナンス強化。

その強化に向けた、新たなJBAの組織改革の大きな一つのポイントであった、事務総長のポストに公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)常任理事を現在務めている”大河 正明”氏の推薦を内定するとJAPAN 2024 TASKFORCEは本日発表した。
併せて、候補者としての正式決定は、4月28日(火)に予定されている第4回タスクフォース会議において行われ、後日、JBA 評議員会および理事会を経て正式就任となる(5月中旬予定)事も発表したのである。

そんな大河氏は、Jリーグ内でコンプライアンスやガバナンスに関する業務でも手腕を発揮ししている部分から考えても、バスケ界のガバナンス強化には非常にうってつけの存在である。
更に学生時代にはバスケットボールをプレー、更に素晴らしいプレーヤーの一人でもあった。

サッカー界からバスケ界への助け舟。
本当に有難い事でもあり、そして日本スポーツ界で初めての”横の連携”と言ってもいいであろう。
サッカーファミリーのみなさま、本当に有難う御座います。

さぁ、加速している新生日本バスケットボール号。
動き出した日本バスケの新しい道の歩みは止まらない。

======================
●候補内定者名
大河 正明(おおかわ・まさあき)氏
●現職
公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)常務理事
●候補者略歴
1958年生まれ。
京都大学卒業後、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行。
各支店長等を歴任後、2010年10月に退行。同11月より社団法人(現・公益社団法人)日本プロサッカーリーグに携わる。
2012年よりJリーグ理事を務め、2014年1月より現職。
その他、公益財団法人日本サッカー協会理事、株式会社ジェイリーグエンタープライズ取締役、Jリーグフォト株式会社取締役、株式会社Jリーグメディアプロモーション監査役を兼務する。
学生時代はバスケットボールに親しみ、京都・洛星中学校時代には全国大会ベスト4進出、また洛星高校時代には京都府予選を勝ち抜いて近畿大会に出場し、準優勝に輝いた経験をもつ。

【備考】JBA事務総長は、一般社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグの役職にも就く予定(役職名等、詳細未定)。
======================

DSC_1303

前回のJAPAN 2024 TASKFORCE記者会見より。日本バスケは進化している。インゴ・ヴァイス(左)・川淵 三郎(右)の両チェアマン。

======================
■前回のJAPAN 2024 TASKFORCE記者会見の模様(ノーカット)
JAPAN 2024 TASKFORCE 記者会見 2015/3/25 (Part1)
JAPAN 2024 TASKFORCE 記者会見 2015/3/25 (Part2)
JAPAN 2024 TASKFORCE 記者会見 2015/3/25 (Part3)

======================
JAPAN 2024 TASKFORCE official HP
JAPAN 2024 TASKFORCE Facebook

Pocket