「勝利にこだわった40分間」 〜 ターキッシュ エアラインズ bjリーグ2014-2015シーズン オールスターゲームIN群馬 レポート:PART2

Pocket

DSC_3672

「絶対に負けたくない、勝利に対して究極にこだわる」という言葉が似合う1日だった、2015年2月1日(日)
群馬県前橋市・ALSOKぐんまアリーナで開催された、今シーズンのターキッシュ エアラインズ bjリーグのオールスターゲーム。
「年に一度の夢の祭典」
リーグ屈指のプレーヤーたちが、今日本の中で熱い街の一つでもある、群馬県に集結したのである。

その会場には4,328名が集まり、真剣勝負となった40分間を一喜一憂しながら見守ったのであった。
リラックスした雰囲気の中で、オールスターゲームならではのプレーを楽しみながら堪能しようと思っていた予想を、真逆なくらい覆されたゲームとなった。

選出されたプレーヤーやコーチも各々自分のパフォーマンスしながら花道を通ってコートイン。
集まったブースターも声援を送り、歓喜に沸く一面もあった。

DSC_2063

琉球ゴールデンキングス #14岸本 隆一選手は、テンション高く、得意のNaenaeで登場した。

DSC_2089

浜松・東三河フェニックス #8太田 敦也選手は、何も見せる素振りは無かったのですが…この後に注目!

DSC_2094

花道の傾斜を絶妙に利用した、完璧なる前転を見せて、会場は爆笑に。

DSC_2164

島根スサノオマジック #0山本 エドワード選手も、太田選手の登場シーンと似ていますね…

DSC_2169

と思ったら!太田選手に対抗して、まさかの背中で回転!少し恐る恐るな所がありますね。

DSC_2214

TEAM WEST

DSC_2232

秋田ノーザンハピネッツ #5田口 成浩選手は今、一番子供たちに人気な…あのダンスを完璧に披露。

DSC_2244

富山グラウジーズ #31城宝 匡史選手は、いつものポーズで登場してきた。

DSC_2266

岩手ビッグブルズ #10スクーティー・ランダル選手は、華麗にダンスを踊りながら登場!

DSC_2272

新潟アルビレックスBB #32池田 雄一選手の伝説のハイウエスト!これは地味ですが、最高に良かった。

DSC_2376

TEAM EAST

ゲームがTip Offされると、一気に真剣勝負と化していったのである。
序盤からディフェンスで、相手にしっかりプレッシャーをかけ、思うようにプレーをさせなかった。
それでも逆にオフェンスに目を向けると、タイトなディフェンスやプレッシャーをこじ開けようと、持っているスキルやフィジカルでスコアを重ねていく。
更にトランジションが激しく、攻守が目まぐるしく切り替わり、見ているものをコートに引き込んでいくプレーヤー達。

1Q序盤は、WESTが高確率なアウトサイドシュートを武器に点差を広げていくが、一方のEASTも早い展開からドライブやカットインプレーなどで得点を重ねていく。
普段は一緒にプレーをしていないのもあり、呼吸が合わない部分もあったが、お互いディフェンスから息を合わせていこうとしていく。
WESTでは#8太田 敦也選手がオールスターで以前から見せたいと言っていた3Pを華麗に沈めていけば、EASTは#10スクーティー・ランダル選手&#15リチャード・ロビー選手が持ち味の鋭いドライブで会場を沸かせていく。12-15のWESTリードでオフィシャルタイムアウトへ。
その後、ペースを握ったのはEASTだった。
地元・群馬クレインサンダーズ所属#2友利 健哉選手が冷静に3Pを沈め、地元ブースターの歓喜に会場が沸けば、続いてリーグ最長身226cmの#45ウィル・フォスター選手の華麗なペイントエリアでのフックシュートと連続得点!2プレーでEASTが逆転する。
それでもWESTは冷静にゲーム運びを進め、#15鈴木 達也選手のスティールからファストブレイクで流れを掴み、残り8.3秒には#5オルー・アシャオルの軽やかなドライブでWESTベンチは大盛り上がり。
20-26とWESTリードで2Qへ。

DSC_3688

EAST#15リチャード・ロビー選手の鋭いドライブを、WEST#8太田 敦也選手が必死のディフェンスで簡単にはプレーさせなかった瞬間。

DSC_3748

EAST#10スクーティー・ランダル選手は、得意のドライブで次々とWESTディフェンスを切り裂いてスコアして行った。

DSC_3710

WEST#11青木 康平選手は怪我を押してでの出場。短い時間ではあったが、第1回のオールスターから9年連続出場となった。

DSC_3804

ダンクコンテストでも沸かせてくれた#45ウィル・フォスター選手のフックシュートの瞬間。

#2ドゥロイレン・バーンズ選手の3Pにはじまり、#14岸本 隆一選手の華麗なダブルクラッチ&3Pと、キングスの2人がチームを牽引し、22-34と一気にWESTが突き放していく2Q序盤。
これ以上突き放されたくないEASTは、ここからギアを上げていく。
#1ケジュアン・ジョンソン選手の3Pでスタートし、1Qでも活躍した#10スクーティー・ランダル選手&#15リチャード・ロビー選手がここでも果敢なリングへのアタックでスコアを重ねていき、点差を4点まで縮めていったのである。
そこからは一進一退の攻防が続いていった、入れられたら入れ返すというお互いのプライドがぶつかり合う非常に締まった流れとなっていく。
EASTはここで3Pコンテストでチャンピオンになった#5田口 成浩選手が連続3Pを決めて会場を沸かせれば、#5オルー・アシャオルの華麗なダブルクラッチで応戦していくWEST。
普段ペイントエリア付近でのプレーを得意とするEAST#42ジーノ・ポマーレが、フリーとなったペリメーター付近からしっかりと3Pを沈めて、ベンチが大盛り上がりしていけば、#68永田 晃司選手は切れ味鋭いドライブで相手ディフェンスを抜き去り、華麗にリバースレイアップを決めて点差を縮めていく。
クロスゲームとなった展開でハーフタイムに突入、45-49とWESTリードで後半へ。

DSC_3837

EAST#42ジーノ・ポマーレ選手のシュートに対して、目線を隠すという巧みなディフェンスを見せるWEST#30テレンス・ウッドベリー選手。

DSC_4040

EAST#1ケジュアン・ジョンソン選手の華麗に相手ディフェンスを抜き去った瞬間。

DSC_4156

鋭いドライブから、この後華麗にリバースレイアップまで持ちこんでスコアした、EAST#68永田 晃司選手。

DSC_3842

地元・群馬クレインサンダーズ所属、EAST#2友利 健哉選手の3Pシュートを放った瞬間。

後半スタート、序盤から一進一退の攻防を繰り広げながら、ゲームが展開されていく。
まずはEASTがクイックモーションからの3P攻勢で一気に流れを掴んで逆転していく。
まずは#5田口 成浩選手が開始すぐさま決めていけば、ここから#32池田 雄一選手のShow Timeがスタートしていく。次々と得意の3Pシュートを冷静に3本連続で沈めて、会場からは歓声とどよめきが沸き立つ。
WESTもお返しと#27レジー・ウォーレン選手から#2ドゥロイレン・バーンズ選手とパスが繋がり、最後は#1清水 大志郎選手が3Pを沈めていくが、EASTの勢いは止まらない。
#10スクーティー・ランダル選手のドライブからのAND1プレーに加えて、#45ウィル・フォスター選手の豪快なダンクで勢いづいたまま、オフィシャルタイムアウトへ突入していく。
62-57のスコアでEASTリードの展開に。
その後、展開はこう着状態となり、なかなか点差が変化しない。
そんな中でもWESTディフェンスのプレッシャーが更に強くなり、少しずつEASTのシュートが決まって行かない流れとなっていく。
その効果もあってか、残り1分からWESTがオフェンスでも流れをつかんでいく。
#32畠山 俊樹選手のパスから#5オルー・アシャオル選手の豪快なワンハンドダンクで流れを引き寄せると#15鈴木 達也選手の豪快な3Pが静まると、最後は#5オルー・アシャオル選手のレイアップがAND1で一気に点差が縮まる。
71-70とレギュラーシーズンを思わせる展開の中で、最後の10分間へ突入していった。

DSC_4248

独特のリズムから巧みに相手を抜き去り、スコアをあげていたWEST#2ドゥロイレン・バーンズ選手。

DSC_4298

リーグ屈指のガード同士のマッチアップ。EAST#5田口 成浩選手を華麗に抜いていった、WEST#14岸本 隆一選手。

DSC_4322

ペイントエリア内での激しい攻防。この日果敢にペイントエリアでゴールにアタックしていた、WEST#27レジー・ウォーレン選手。

DSC_4396

パワームーブでチームに流れをもたらす動きを見せていた、WEST#5オルー・アシャオル選手のドライブ。

始まった4Q、ギアをあげて猛攻を見せたのはWESTだった。早速、#30テレンス・ウッドベリー選手がドライブからのAND1プレーでスタート。
すぐさまEASTも#15リチャード・ロビー選手のファストブレイクからのボーズハンドダンクで応戦するが、ここから#2ドゥロイレン・バーンズ選手がゲームを完全に支配していく。
巧みなゲームコントロールから、隙あれば自らドライブで相手ディフェンスを切り裂き、タフショットを次々に決めていく。
EASTがタイムアウトを請求し、流れを切ろうとしても続くWESTの流れはどんどん加速していく。#30テレンス・ウッドベリーが3Pを決めて、WESTのリードは二桁に広がる。
ここでEASTも意地を見せていく、#10スクーティー・ランダル選手のペネトレイトが華麗に決まっていき、点差が6点に縮まったところで、オフィシャルタイムアウト。
81-87のWESTリードの展開で、レギュラーシーズンを彷彿とさせる真剣勝負へと更に加速していったのである。
WESTが効果的にスコアを重ねて再び点差を二桁にしても、EAST#10スクーティー・ランダル選手の勝負強さで点差は4点差に縮まるという、手に汗握る流れのまま残り3分を切る。
ディフェンスもよりプレッシャーが増し、絶対に負けたくないという気迫を感じることができる熱い激しいゲーム展開へと変貌していった。
ここでWESTのチームディフェンスが効果を発揮し、ゲームを支配していく。
相手のオフェンスを巧く止めていくと、オフェンスでは果敢にリングにアタックしていき、フリースローを獲得し、確実に決めていく。
残り2分半で点差は二桁に広がり、追いかけるEASTがタイムアウトを請求。
その後のオフェンスで早く点差を詰めようと、EASTは3P攻勢で勝負に出るが、5本連続で放ったシュートはリングに嫌われ、思うような流れに引き込めない。

DSC_4477

随所にパワームーブで見せ場を作り、流れを引き寄せたWEST#5オルー・アシャオル選手。

DSC_4517

4Qの勝負どころで、確実なフィニッシュで勝利に貢献したWEST#30テレンス・ウッドベリー選手のドライブ。

DSC_4639

Big Playのたびに飛び上がり興奮しながらコート上のプレーヤーを讃える、WESTベンチ。

DSC_4725

WEST#30テレンス・ウッドベリーのレイアップに行く瞬間。

最終的にはWESTがこのまま逃げ切り、夢の祭典はゲームエンドとなった。
94-105のスコアでWESTが勝利を果たし、昨シーズンのリベンジを果たした結果となった。

DSC_4852

ゲームエンドの瞬間。

MIPはEAST#10スクーティー・ランダル選手が獲得、ゲームハイの24PTS/9REBとチームをアグレッシブなプレーで牽引していた。

DSC_3939

MIP受賞した、EAST#10スクーティー・ランダル選手(写真右)

そして、MVPは勝負どころの4Qだけで12PTSと正確で冷静なプレーでチームを牽引し、ゲームを通じてもチームハイの21PTSと勝利に貢献した、#30テレンス・ウッドベリー選手が獲得した。

DSC_4516

MVPのWEST#30テレンス・ウッドベリー選手(写真右)

そして、最後は記念すべき10回目のオールスターゲーム開催地が発表された。
2016年1月、杜の都”仙台”にあるゼビオアリーナ仙台での開催。
あの大人気の仙台89ERSのティナくんも会場に登場した。

2015-02-01 15.57.56

大役を終えて、ホッとした様子のティナくん。

DSC_4985

実は少し緊張気味のティナくん。

DSC_5022

2016年の1月は仙台で待っております♪ティナくんより

真剣勝負の40分間に、ブースターのボルテージが上昇、熱気でアリーナの室温も上昇し、汗ばむくらいの雰囲気だった。
大興奮のうち、リーグ創設10周年にして、9回目のオールスターゲームが終了したのであった。

DSC_0834

来シーズンは記念すべき10回目のオールスターゲーム開催!

Pocket